水素サプリ 仕組み

水素サプリの仕組みと効果

 

水素は空気より小さい分子の元素であり、無色・無臭の気体ですから、普通の状態では目には見えません。
水素をどうやってカプセル内に閉じ込めてサプリメントにするのか、体の中でどのようにして働くのか、仕組みがいまいち分からない方も多いでしょう。

 

水素サプリの基本的な仕組み・成分とは?

 

それに、いくら水素がカプセル内に入っていると言っても空気のようなイメージしか湧かないので、効果があるのか疑問に思ってもおかしくありません。
水素サプリメントがどのように働くかは、基本的な仕組みや成分を知ることで解決できます。

 

水素サプリメントの仕組み

水素サプリメントは、水素を閉じ込めたサプリを摂取することで水素も摂取できます。
ただ、厳密に言うと水素サプリメントの中に水素がそのまま入っているわけではありません。

 

水素を閉じ込めたというのは、あくまでも分かりやすくしているだけで、水素サプリの本当の仕組みは体内の水と溶け合うことで水素が発生しているのです。
水素サプリメントによって成分は異なりますが、どのサプリメントにも水と化学反応することで水素が発生する成分が配合されています。

 

イメージ的には、水素がサプリの中に入っていて、そのサプリが体内で溶けると中の水素が体内に吸収されるというものでしょう。
ですが、実際は水素を発生させる成分と水によって水素を取り込むことができるのです。

 

水素を発生させる成分とは

サプリメントには、サプリの素となる基材が配合されています。
この基材が水素を発生させる成分で、これは各水素サプリメントによって使っているものが異なります。
ですが、主流になっている基材はいくつかに絞られます。

 

水素サプリの原料として一番ポピュラーなのはサンゴカルシウムで、改良が繰り返されていることから水素を発生させる量も増えています。
次に多いのは天然牡蠣殻、他にもミネラル成分のパウダーであるフラナガン水素があります。

 

もっとも水素を発生すると言われているのは精製岩塩という成分で、精製岩塩に水素を閉じ込めてサプリメントにしています。(太田教授推薦の「水の素」も精製岩塩を使用しています。

 

水素サプリメントは、水素を発生させる成分とその品質によって効果が変わってきます。
ですので、お値段にとらわれず、確実に水素を発生させる成分が使われているかを確認して選びましょう。