水素サプリ 太田教授

太田教授は水素研究の第一人者

水素,サプリメント,太田教授

太田成男氏は、水素医学研究の第一人者です。

 

その太田教授が唯一すすめている水素サプリが「水の素」です。

 

太田成男氏は、日本医科大学大学院医学研究科の教授を務めています。
専門は「分子細胞生物学」。

 

2007年に世界的に権威のある医学雑誌として有名な「ネイチャー・メディシン」で、水素が悪玉活性酸素を選択的に消去するという論文を発表。
以来、太田教授は水素研究の第一人者として認知されています。

 

水素水の研究は、健康や美容の分野だけではなく医療分野にも広がっており、脳梗塞や認知症、パーキンソン病などを含む様々な病気に水素がどのような作用をもたらすのかについての研究も進んでいます。

 

有名大学や研究所でも水素を用いた臨床研究は数多く行われており、医学界でも注目されています。
また、太田成男教授は、水素水についての著書を出版したり、テレビや雑誌などでも数多く紹介されています。

 

一般の人にも分かりやすい説明で、水素水の認知度は高まり、今では数多くのメーカーが水素関連の商品を販売しています。
これに対し、太田成男教授は、「中には水素が発生しないものもある」として警鐘を鳴らしています。

 

水素水より水素サプリを薦める理由

水素,サプリメント,太田教授

水素商品というと、水素水が人気ですが、水素サプリを飲んでいるという人も少なくありません。

 

では、水素水と水素サプリではどちらがメリットが大きいのでしょうか?
どちらも悪玉活性酸素に作用し、健康な体の状態に導くことを目的としていることに違いはありません。

 

水素商品で大切なことは、どのくらいの濃度の水素が含まれており、体内で効率よく吸収されるかということです。
水素水の場合、空気に触れると水素の量が減るため、すぐに飲まなければいけません。
ペットボトルに入っているものに関しては、開封しなくても水素が抜けてしまうため、保管状態によってはただの水になっている場合もあります。

 

一方、水素サプリの場合、摂取すると、カプセルに含まれる水素が、体内の水分に反応し、徐々に水素が発生します。
そのため、水素サプリは効率よく水素が体内で発生し、水素水を飲むよりも水素の効果が発揮されます。

 

また、水素水は重量があり、持ち運びするのが大変ですが、水素サプリなら手軽に携帯することが可能です。
そのため、水素水よりも水素サプリの方がメリットが大きいと言えます。

 

太田教授が薦める水素サプリは水の素

水素サプリですっきり!

水の素は、水素研究の第一人者である太田成男教授が開発に携わった水素サプリです。

 

1カプセルは、1リットルの飽和水素水に値するため、手軽に水素を摂取することができますし、たくさんの水を摂取するのが苦手な人にもおすすめです。
また、水の素は、実際の臨床現場でも取り入れられており、本物の水素サプリとして、週刊文春の水素特集記事でも紹介されています。

 

水の素は、効率よく体内で水素が吸収されるよう、胃で溶けるよう工夫されています。
体の中で水素が発生するため、水素水のように水素が奪われることがありません。

 

水素のプロが作った高品質の水素サプリのため、これまで水素水や水素サプリを飲んでも何の実感もなかったという人にもおすすめできます。
水の素のリピート率は約76%という高い数字からも、品質で選ばれていることがうかがえます。

 

水の素は、通常価格は12,960円(税込)ですが、定期購入すると、12,000円(税込)の特別価格で購入できます。