水素サプリ 好転反応

好転反応は調整反応

 

水素サプリの口コミなどでは、まれに体調が悪くなった、副作用が出たというようなマイナス意見が見られます。

 

水素サプリの好転反応

 

こういった口コミを見ると、水素サプリの摂取に不安を感じてしまうかもしれませんね。
では、実際に水素サプリメントのせいで副作用が起こったり、体に悪影響はあるのでしょうか?

 

水素サプリの副作用

副作用に関して結論を言えば、水素サプリに副作用の心配はありません。

 

そもそも副作用というのは、効果効能がある医薬品にしか起こりません。
医薬品は特定の目的を改善するために服用しますが、その際、本来の目的以外の作用が発生することが副作用です。

 

例えば風邪薬は風邪の症状を改善するという目的がありますが、眠気や胃痛など目的ではない症状が起こることがあり、これが副作用になります。
水素は活性酸素を取り除く働きを持っていますが、活性酸素を取り除いても悪い症状が発生することはないので副作用の心配もありません。

 

水素サプリによる好転反応とは

好転反応というのは、調整反応とも呼ばれるもので、体の機能が改善もしくは回復、修復される時に起こる反応です。

 

例えば、長時間正座をした後に立ち上がると、足がしびれてしまいます。
足がしびれるのは辛いですが、これは血行が良くなることで起こるもので、滞っていた血液が正常に流れ出している状態です。
これが好転反応というものです。

 

水素サプリメントによって細胞が活性化されると、不調だった部分が改善されることがあります。
その過程で、蓄積していた老廃物の排出が促進されれば吹き出物が出ますし、腸の働きが活性化されれば一時的に下痢になったりします。

 

こういった好転反応は副作用ではなく、体の機能が回復するからこそ起こることで、良い症状と言えるのです。
好転反応が起こるのは、それだけ細胞が弱っていたり機能が低下したりしているということです。

 

好転反応と副作用を勘違いされる方がいらっしゃるので、水素サプリで副作用が出たという意見も出てくるのでしょう。

 

好転反応が出たからと言って水素サプリの摂取をやめる必要はありません。好転反応はずっと続くものではなく、機能が正常化すれば治まっていきます。

 

水素サプリの摂取をやめないで様子を見ていきましょう。